ゲンカイツツジ 準絶滅危惧(NT) 対馬市の花 と 上見坂公園

玄海躑躅(ゲンカイツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木です。

名前の通り玄海灘をはさんで、九州北部、対馬、済州島、朝鮮半島などに分布し、山地の岩の上や急な傾斜地に生えています。

環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されています。

開花時期は、3月で、ツツジの中でも最も早く咲きます。

分類上は、”カラムラサキツツジ”の編出されています。”ツツジ”とついていますが、”シャクナゲ”の仲間に近いといわれています。

樹高は2メートルから4メートルくらいです。
葉は楕円形で、互い違いに生えます(互生)。
葉は革質で先が尖っています。
葉の両面や縁には長い毛が生えます。
花の色はピンクから紅紫色が普通だが、白花もあります。

対馬市厳原町 上見坂(カミサカ)公園のゲンカイツツジ(2013年5月 撮影)
上見坂公園 ツツジ⑩上見坂公園 ツツジ⑪
上見坂公園 ツツジ⑭上見坂公園 ツツジ⑱
上見坂公園 ツツジ⑬

上見坂公園 ツツジ⑰上見坂公園 ツツジ⑤
上見坂公園 ツツジ③上見坂公園 ツツジ②

上見坂公園 展望台(この裏側奥に砲兵詰所跡があります)
上見坂公園②上見坂公園①

上見坂公園から見たリアス式海岸で世界的に有名な浅茅(アソウ)湾
浅茅湾

砲兵詰所跡
上見坂公園⑥
上見坂公園④上見坂公園⑤

鎌倉時代の古戦場跡
上見坂公園⑧

1192年鎌倉幕府成立(最近の教科書は1185年(イイハコ)に変わっているらしい)から、半世紀後の北条氏による得宗専制政治が始まる頃の1246年に当時の国府在庁官人である阿比留氏と大宰府から派遣されてきていた地頭代(守護代)宗惟宗(そうこれむね)氏との合戦があった場所と伝えられています。この戦いから元寇(1274年と1281年)を挟んで、1世紀をかけて、徐々に宗氏の対馬での支配が確立していったようです。

コメントを残す