豊砲台跡 - 激動の昭和初期を象徴する遺跡

今日は、昭和初期に造られた”豊の砲台跡”を紹介します。

この跡地は、小学校に入るか入らないかぐらいの頃、よく肝試しの場所として遊びに行っていました。その当時は、今のように灯火も無く、真っ暗の中を何人かで懐中電灯一つでこの砲台跡の中を、お化けが出るのではないかとドキドキしながら探索していた事を覚えています。

(私の脳裏に残っているイメージでは、古い木製の机が当時はあったような・・・不確かですが。)

一時期、立ち入り禁止の措置が取られていましたが、現在は、対馬の史跡名所として、灯火が設置されています。近くには、韓国展望台、ヒトツバタゴの里、海栗島があり、これらと併せて、観光スポットとして、多くの観光客が訪問しています。

場所は、比田勝港から車で30分程度です。

豊砲台跡 地図

昭和初期当時、日本海および朝鮮海峡の制海権を確実のものにする為に造られたもので、昭和4年(1929)に工事が始まり、6年後の昭和9年3月にすべての工事が完了しています。当時としては、世界最大級の巨砲でした。しかし、実際には1発も発射することなく終戦を迎え、戦後、米軍により撤収・解体作業が行われ、砲身は二分され八幡製鉄所で溶かされ、戦後復興の資材として活用されたとの事です。

この砲台が作られた頃の世界情勢は、

中国の情勢

1925年(大正14年)   死んだ孫文の後を蒋介石が継承
1926年(大正15年)7月 国民政府軍は蒋介石を総司令として北伐開始
10月 武漢を占領し、ここに政府を移す。
1927年(昭和2年) 3月 上海を占領して、ついで南京も手中に収めた
1931年(昭和6年) 7月 長春付近で朝鮮移民と中国官憲・農民との衝突事件

日本の情勢

大正デモクラシーの成果で、藩閥政治から二大政党制(政友会・憲政会)の時代へ

1927年(昭和2年)    関東大震災・昭和金融恐慌
1928年(昭和3年)    男子普通選挙(第16回衆議院議員総選挙)実施
⇒予想外に日本共産党が政界に進出
3月15日    三・一五事件 -共産党系活動家、同調者を大量検挙
治安維持法を改正⇒最高刑を死刑に
6月4日 満州某重大事件(関東軍による張作霖爆殺)
1929年(昭和4年)7月2日 田中義一内閣 総辞職
4月16日四・一六事件 - 共産党系活動家、同調者を大量検挙
10月24日世界恐慌⇒英/米/仏ブロック経済⇒独・日:ファシズムの台頭
1930年(昭和5年)    濱口雄幸内閣が実行した金解禁を契機として昭和恐慌
ロンドン海軍軍縮会議が開催
①主力艦を1936年(昭和11年)まで延長する
②補助艦の保有比率を米:英:日=10:10:7とする
全権大使若槻禮次郎はこれを受諾
海軍は、統帥権を侵していると内閣に反発(統帥権干犯問題)
1931年(昭和6年)8月  陸軍「満州問題解決方針の大綱」を決定
9月18日関東軍の謀略により柳条湖事件を契機に満州事変が勃発
1932年(昭和7年)3月  関東軍主導の元に満州国建国
5月15日       五・一五事件(海軍将校らが犬養毅首相を射殺)
1933年(昭和8年)    国際連盟はリントン調査団を派遣して日本の撤退勧告案を42対1[8]で可決
2月24日     松岡洋右代表は国際連盟会議を退場
3月27日  国際連盟脱退を通告
1936年(昭和11年)2月26日 二・二六事件(皇道派の青年将校が斎藤実内大臣や高橋蔵相らを射殺)

まさに、日本が第2次世界大戦に向かって助走していく時代背景の元に造られた遺跡である事を念頭において見学して頂くと更に考えさせられるのではないでしょうか。
また、今の時代(平成時代)が、この当時の世界情勢に近似していると評する人もいますので、今の時代を考える意味でも重要な遺跡ではないかと思います。

では、遺跡の中を御紹介しましょう。

まずは、砲台跡の当時の見取り図です。

DSCF0161

見取り図に赤色で示された”入口”は、

DSCF0173

入口の左横に、遺跡内の灯火を点灯させる為のボタンがありますので、入る前に押して下さい。
以前は、100円取ってたようですが、私が行った時は、特に料金は入りませんでした。

中に入ると、

巻上機室 - 砲台を動かす為の機械室

DSCF0163

砲動力機室 - 砲頭を動かす為の機械室

DSCF0166

通路

DSCF0167

砲頭部

砲頭部②

砲頭部①

頂上から見下ろした砲頭部(案内板中の写真より)

DSCF0174

当時撮影された砲頭部の大砲(案内板の写真より)

DSCF0175

ぜひ、対馬を訪問された際は、昭和初期の激動の時代を思い描きながら、見学してみて下さい。
今の時代の進むべき道のヒントが浮かんでくるかもしれませんね。

琴のイチョウ  推定樹齢1500年 長崎県天然記念物指定

今日は、対馬市上対馬町琴にある大イチョウの紹介です。

場所は、

琴の場所

所在地:長崎県対馬市上対馬町琴675

対馬空港から車で2時間
比田勝港から車で30分

琴は、対馬北部の東海岸に位置する集落です。1471年(文明3年)に朝鮮で著された『海東諸国記』という書物に「四十余戸」と記録が残っている集落です。

琴のイチョウ

秋の紅葉したイチョウは、こちらで確認下さい。
(秋以降に、写真を撮ったら追加でアップしていきます。御免なさい。)

対馬散歩道

長松寺という寺の前に生育しています。
この木は雄株で推定樹齢は1500年。

1500年前というと、卑弥呼の混乱の時代が終わり、奈良の纏向に統一王朝が登場し、古墳文化が全盛で、雄略天皇から継体天皇へ変ろうとしていた時代に、この地に生まれてきたイチョウという事になります。ほぼ、日本の歴史を眺めてきたといっても言い過ぎではないと思います。

その為に「日本最古のイチョウ」、「大陸から日本に伝わった初のイチョウ」との伝承があります。

1798年(寛政10年)には落雷に遭い、幹が裂けて焼け焦げ、中に空洞ができた
1809年(文化6年)に書かれた『対馬記事』には「沖より見れば茂りて山のごとし」と記述
明治時代初期には、近くの民家の火災で延焼する難に、その後蘇生して、標高40mまで成長
1950年(昭和25年)9月の台風29号(キジア台風)によって主幹が折れた
1961年(昭和36年)11月24日に長崎県の天然記念物に指定
1990年(平成2年)に開催された「国際花と緑の博覧会」に合わせて企画された「新日本名木100選」では、長崎県から「奈良尾のアコウ」(長崎県南松浦郡新上五島町、国の天然記念物)とともに選定

幹周13.3m 樹高31m (2000年)

日本のイチョウ巨木の第10位に位置付けられています。

第1位:北金ヶ沢のイチョウ(青森県西津軽郡)幹周22m 樹高40m (2000年)
第2位:福城寺の大イチョウ (熊本県下益城郡)幹周15.2m 樹高25m (2006年)
第3位:長泉寺の大イチョウ(岩手県久慈市門前)幹周14.7m 樹高25m (2000年)
第3位:宮田のイチョウ(青森県青森市宮田)幹周14.7m 樹高18m (2000年)
第5位:法量のイチョウ(青森県十和田市)幹周14.5m 樹高32m (2000年)
第6位:根岸の大イチョウ(青森県上北郡おいらせ町)幹周14.1m 樹高33m (1988年)
第7位:浄蔵寺の大イチョウ(群馬県太田市堀口町)幹周14m 樹高28m (2000年)
第8位:菩提寺の大イチョウ(岡山県勝田郡奈義町)幹周13.5m 樹高42m (2000年)
第9位:乳保神社のイチョウ(徳島県板野郡上板町)幹周17.2m(主幹13.4m) 樹高22m (1988年)
第10位:対馬琴のイチョウ(長崎県対馬市上対馬町琴)幹周13.3m 樹高31m (2000年)

【イチョウの木 特徴】 Wikipediaより

中国原産の落葉高木。

葉は扇形で葉脈が付け根から先端まで伸びている。
厳密には広葉樹にも針葉樹にも属さない。原始的な平行脈を持ち、二又分枝する。

雌雄異株であるため、雄株と雌株があり、実は雌株にのみになる。
雌雄の判別は生殖器官の観察によって判別する。

実が結実するには雄株の花粉による受粉が必要。
花粉は1km程度離れた雄株からでも飛散してくるという。
裸子植物であるイチョウの受粉様式は、被子植物のそれは大きく異なる。
まず、雌花の胚珠に取り込まれた花粉は胚珠の上部にある花粉室と呼ばれる部分で4か月程度そのままの状態を保つが、胚珠は直径約2cm程度に成長する。成長した胚珠内の花粉では数個の精子が作られ、9 – 10月頃放出された精子が花粉室の液体の中を泳ぎ、造卵器に入り受精が完了し種子の成熟が始まる。

1896年に、種子植物であるイチョウにも精子があることを、日本人の平瀬作五郎(東京大学)が、世界で初めて発見した。

三宇田浜海水浴場(日本の渚・百選)周辺と対馬の海水浴場

三宇田浜海水浴場は、対馬の最北端にある海水浴場で、平成8年に”日本渚百選”に選ばれています。

対馬の玄関口の一つである”比田勝港”から、車で20分とたいへん近いので、韓国・釜山からいらっしゃる観光客や日帰り客、地元の家族連れなどが、海水浴を楽しむレジャースポットになっています。

対馬観光協会が実施した比田勝港で下船した韓国観光客へのアンケート結果において評価の高かった観光スポットのひとつにあげられています。

私も、小さい頃に家族や友人とこの三宇田浜に海水浴に来ていた事を覚えています。その当時は、今の様に駐車場やシャワールームなどの施設は整備されていませんでしたけど。

三宇田浜海水浴場の場所

三宇田浜海水浴場位置

三宇田浜海水浴場マップ

駐車場、トイレ、シャワールーム、休憩場などが整備されています。また、アイスや飲み物を売る露天商もでているようです。

三宇田浜海水浴場見取り図

三宇田浜海水浴場の駐車場付近

韓国観光客の観光バスが止まっているのが、確認できます。

海水浴客③ 駐車場付近

海水浴を楽しむ人達

海水浴客④

海水浴客②

殿崎から見た三宇田浜海水浴場

殿崎から見た三宇田浜②

殿崎から見た三宇田浜④

この殿崎の沖合では、1904年2月から1905年9月にかけて、満州(現在の中国東北部)と朝鮮の支配をめぐって戦われた日露戦争中の1905年5月27、28日に対馬沖で戦われ、日本海軍の連合艦隊(東郷平八郎司令長官)がバルチック艦隊(ロジェスト・ウィンスキー伊礼長官)を撃破。「対馬沖海戦」として知られている海戦が行われ、両国合わせて5,100名以上の戦死者を出した場所として有名です。

海戦100周年記念慰霊祭において、両司令長官のひ孫が招かれて友好を深められたそうです。

日露慰霊の碑

日露慰霊の碑

また、海戦後、負傷して佐世保の海軍病院で治療していたロジェスト・ウィンスキー司令長官を東郷平八郎司令長官が見舞われた時の様子を刻んだ碑も建てられています。

日露平和友好の碑

日露平和友好の碑

また、この海戦によって、ロシア兵が流れ着いてきたところの一つが、この殿崎と言われています。

日露戦争 ロシア兵上陸の地

日露戦争当時を表した小説としては、司馬遼太郎の”坂の上の雲”(四国・松山の秋山好古・真之兄弟と俳句の正岡子規を中心に書かれた青春群像)が有名でしょう。NHKでも放映されました。小説の中でも取り上げらえている開戦時の様子が、

1905年5月27日6時21分、連合艦隊は大本営に向け「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」と打電した。(打電文の最後の「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」は秋山真之が書き加えた。)という、有名な言葉は、御存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

対馬には、この時代の史跡が、他にもたくさん残っていますので、また、機会をみて紹介させて頂きます。

また、三宇田浜海水浴場のすぐ近くに”渚の湯”という温泉があり、海水浴を終えて、この温泉に入って帰るというのが韓国人観光客の観光ルートになっています。

渚の湯

すぐ近くには、キャンプ場もありますので、数人の仲間と、のんびりときれいな海を眺めて、過ごされるのも良いリフレッシュになると思いますよ。

対馬には、他にもいくつか海水浴場があります。
簡単に紹介します。

対馬の主な海水浴場

①西泊海水浴場

平成7年にオープンした人工の海水浴場。風光明媚で眺望抜群の場所に建つ「国民宿舎上対馬荘」に隣接

②井口海水浴場

千俵蒔山の裾にあり、波静かな遠浅の砂浜で、水辺の美しさは一級品の価値と評価されています。

③湊浜海水浴場

佐護川の下流にあり、遠浅で波が静かです。

④茂木浜海水浴場

対馬最大の天然白砂の海水浴場。長崎県自然環境保全地域に指定。

美しく、貴重な自然が残っていて、ウミガメの訪れる対馬最後の浜として貴重な海水浴場です。

⑤松島公園海水浴場

漁港の環境整備事業で整備された人工の海水浴場で、上対馬南部地区の憩いの場として広く利用

⑥美津島海水浴場

対馬島内屈指の砂浜海水浴場。

対馬空港に近い為、島外からの利用客も多くビーチボール大会などのイベントも開催

⑦青潮の里(尾浦海水浴場)

厳原市内中心部から近くに位置し、貸しバンガロー、テント、研修施設等が整備されています。

シーズンになると大勢の海水浴客が押し寄せ、浜辺は賑わいをみせます。

⑧豆酘板形海水浴場

平成15年7月にオープン、玉砂利が敷き詰められた珍しい人工のきれいな海水浴場です。

家族連れに人気のスポットです。

対馬は、山が海岸まで迫り出した地形ですが、上記の様な砂浜の海水浴場もありますので、訪問された時に訪れてみられたら如何でしょう。季節外れであっても、砂浜で、のんびりと海を眺めて過ごすのも日々の喧騒を忘れさせてくれて思い出に残る場所になると思いますよ。

対馬の出入国者の現状と課題

下に示した表は、
2012年法務省 港別出入国者数統計
日本国内の空港・港湾全218施設の中の出入国者数が多い上位100施設を示したものです。
2012年法務省 港別出入国者数統計 全218空港湾中のbest100
見て頂くと判るように、対馬の空港・港湾の出入国者数は、
15位 比田勝港 163,917人(空港を除くと3位)
17位 厳原港  144,791人(空港を除くと4位)
63位 対馬空港  2,298人
名だたる空港・港湾の中に混じって、対馬を経由して日本⇔海外を人が往来している事が判ります。
比田勝港と厳原港を合わせると、ベスト10に顔を出してくる状況です。

もう少し詳しく見てみると、
日本人 及び 外国人 出入国者数
外国人の出入国者数305,069人
日本人の出入国者数 6,950人
外国人(主に韓国人)の出入国者数が、日本人の出入国者数の約44倍と、圧倒的に外国人の出入国者数が多い傾向を示しています。(国内旅行者数は統計に入っていないので、実際の人の流れとしては、もう少し比率は下がると思われますが、30倍は下らないと思われます。)

他の空港・港湾は、この比率が数倍~十数倍程度であるのに対して、明らかに特異な傾向を示しています。対馬の人口が、現在、34,407人(平成22年)ですので、対馬市の人口の9倍の外国人(韓国人)が対馬を出入りしている事になります。

対馬市の出入国者数の推移(2006年~2012年)を示します。
対馬 出入国者数の推移

対馬 出入国者数の推移 グラフ

2012年に出入国者数が急増している事が一目瞭然です。

【出入国者数に影響を及ぼしたと思われる要因】
2009年7月 対馬空港-金浦空港(ソウル)間コリアエクスプレスエア国際チャータ便就航
2011年3月 東日本大震災
2011年10月 JR九州、未来高速(韓国)が就航。大亜高速海運(韓国)と3社競合に
2012年2月 対馬空港-金浦空港。対馬からも搭乗可能に

特に、対馬-釜山間を3社が参入してきた事が、2012年の外国人出入国者数が急増した要因となっています。聞いたところによると、2013年は、出入国者数が40万人を超えるのは確実と予測されています。
この様な事実からも、対馬は、韓国の影響を強く受ける事を無視できません。

では、対馬を訪問した韓国人観光客の傾向はどうなっているでしょうか?
手元に国際交流協会が韓国人観光客にアンケートした結果があります。

性別 : 男性38% 女性62%
年代 : 20代14% 30代28% 40代20% 50代24% 60代8% 70代6%
出身地: 釜山40% 慰山14% ソウル12% 大邱8%

旅行形態: 個人70% 団体24% パック旅行6%
日程:   日帰り58% 1泊2日20% 2泊3日20% 3泊4日2%

訪問場所: 三宇田浜42% スーパー36% 温泉20% 韓国展望台14%
買い物内容: 食料品34% 医薬品22% 化粧品20% 飲料水8%
予定費用 : 10万円以上10% 3万円以上13% 1万円以上23% 1万円未満54%
実際の支出 : 平均1万6千円(最高5万円)
⇒お金を持ってきても買うものが無いとの意見が多かった。

アンケート結果から読み取れる韓国人観光客の傾向は、
釜山の住民が、日帰りで、支出額が1万円~2万円程度で、三宇田浜で海水浴をして、温泉に入り、スーパーで日用品を買って帰る(余裕があれば、韓国展望台へ行く)という姿が読み取れます。

以上から考えられる対馬の課題としては、

①韓国人日帰り観光客の支出額を増やす為の施作の検討
②韓国人宿泊客を増やす為の施作の検討
③日本人観光客を増やす為の施作の検討

と思われます。

【対馬から主要都市への移動時間地図】

対馬-韓国 交通路線

ゲンカイツツジ 準絶滅危惧(NT) 対馬市の花 と 上見坂公園

玄海躑躅(ゲンカイツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木です。

名前の通り玄海灘をはさんで、九州北部、対馬、済州島、朝鮮半島などに分布し、山地の岩の上や急な傾斜地に生えています。

環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されています。

開花時期は、3月で、ツツジの中でも最も早く咲きます。

分類上は、”カラムラサキツツジ”の編出されています。”ツツジ”とついていますが、”シャクナゲ”の仲間に近いといわれています。

樹高は2メートルから4メートルくらいです。
葉は楕円形で、互い違いに生えます(互生)。
葉は革質で先が尖っています。
葉の両面や縁には長い毛が生えます。
花の色はピンクから紅紫色が普通だが、白花もあります。

対馬市厳原町 上見坂(カミサカ)公園のゲンカイツツジ(2013年5月 撮影)
上見坂公園 ツツジ⑩上見坂公園 ツツジ⑪
上見坂公園 ツツジ⑭上見坂公園 ツツジ⑱
上見坂公園 ツツジ⑬

上見坂公園 ツツジ⑰上見坂公園 ツツジ⑤
上見坂公園 ツツジ③上見坂公園 ツツジ②

上見坂公園 展望台(この裏側奥に砲兵詰所跡があります)
上見坂公園②上見坂公園①

上見坂公園から見たリアス式海岸で世界的に有名な浅茅(アソウ)湾
浅茅湾

砲兵詰所跡
上見坂公園⑥
上見坂公園④上見坂公園⑤

鎌倉時代の古戦場跡
上見坂公園⑧

1192年鎌倉幕府成立(最近の教科書は1185年(イイハコ)に変わっているらしい)から、半世紀後の北条氏による得宗専制政治が始まる頃の1246年に当時の国府在庁官人である阿比留氏と大宰府から派遣されてきていた地頭代(守護代)宗惟宗(そうこれむね)氏との合戦があった場所と伝えられています。この戦いから元寇(1274年と1281年)を挟んで、1世紀をかけて、徐々に宗氏の対馬での支配が確立していったようです。

ヒトツバタゴ - 絶滅危惧Ⅱ類  対馬市の木

”ヒトツバタゴ”

”何それ?”
”初めて聞いた”
”聞いた事無い”

大半の人から、こんな答えが返ってきます。
今日は、そんな”ヒトツバタゴの話をしましょう。

*注)下記記載の基本的な情報は、Wikipediaから抜粋しています。

◆ヒトツバタゴの属性と名前の由来

モクセイ科ヒトツバタゴ属の一種。
同じモクセイ科のトネリコ(別名「タゴ」)に似ており、トネリコ(タゴ)が複葉であるのに対し、本種は小葉を持たない単葉であることから「一つ葉タゴ」の和名がある。

◆ヒトツバタゴの分布域

中国、台湾、朝鮮半島および日本では対馬、岐阜県東濃地方の木曽川周辺、愛知県に隔離分布する珍しい分布形態をとっています。

◆ヒトツバタゴの特徴

成木で樹高は20mを超える大型の落葉高木。
幹は灰褐色で縦に切れ目が入る。
葉は長楕円形で4cm-10cm程度となり、長い葉柄を持ち対生します

ヒトツバタゴ⑩ヒトツバタゴ⑨

日本において”ヒトツバタゴ”は希少種のひとつであり、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されています。

天然での分布域も狭く、長野県、愛知県の木曽川流域、岐阜県東濃地方および長崎県対馬市に自生しており、それぞれの県のレッドデータブックに掲載されています。

長野県および愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されています。また、長崎県対馬市上対馬町鰐浦地区には、約3000本のヒトツバタゴが自生しており、世界的に最も規模が大きい自生地です。「鰐浦ヒトツバタゴ自生地」として国の天然記念物に指定されています。また、日本のヒトツバタゴ自生地の一つである岐阜県中津川市は、対馬市と姉妹都市関係にあります。

<5月の鰐浦地区> 韓国展望台より撮影

DSCF0013DSCF0235

ヒトツバタゴ⑥

昭和天皇が対馬島民を思いやって詠まれた句があります。

ヒトツバタゴ⑧

鰐浦地区と上記写真の撮影場所を示します。
鰐浦地区地図

対馬ヤマネコ(絶滅危惧ⅠA類 国指定天然記念物)

対馬の動物種は、

①大陸系種
②対馬固有種
③対馬固有亜種
④日本本土系種

が混在する独特の生物相を形成しています。

今日紹介します”対馬ヤマネコ”は、①大陸系種に属し、南アジアから東南アジアに分布するベンガルヤマネコの亜種であるアムールヤマネコの変種に位置付けられています。

日本に生息する”ネコ類”は、”イエネコ”を除けば、沖縄県西表島に生息する”イリオモテヤマネコ”とここで紹介する”対馬ヤマネコ”のみです。

1971年に国の天然記念物に指定され、1998年”哺乳類レッドリスト(環境省)発表以来、ずっと、絶滅の恐れが最も高い絶滅危惧種ⅠAとされています。

【対馬ヤマネコの特徴】

体長:55cm前後
体重:4kg前後
寿命:およそ10年
耳の裏に白色の斑点があります

tsutsuji05tsutsuji10
「環境省対馬野生生物保護センター提供」(2代目公開ヤマネコ”ツツジ”)

対馬での生息数は、2000年代前半の調査で、80頭~110頭程度と推定されています。
レッドリスト発表以来一貫して、絶滅危惧種ⅠAに属しており、”イリオモテヤマネコ”同様に、”特別天然記念物”への昇格が望まれています。

◎保護活動

対馬における保護活動の中心として、環境省の機関である”対馬野生生物保護センター”があります。

主な活動として、

1調査・研究 - 対馬ヤマネコの生態、生息環境の改善状況、生息域の確認
2普及・啓発 - 学校での”ヤマネコ教室”開催、各種イベントでの”対馬ヤマネコ”ブース展示
3地域との共同- ヤマネコの餌場の保護活動、交通事故死の防止対策
4傷病個体の救護・リハビリ

に取り組まれています。

また、建物内では、”対馬ヤマネコ”に関する展示も行われています。
一度、足を運ばれてみては、如何でしょう。

所在地・開館時間など

郵便番号 817-1603
長崎県対馬市上県町棹崎公園 対馬野生生物保護センター
電話   0920-84-5577
開館時間 10:00-16:30(入館は16:00まで)
展示内容 ツシマヤマネコの生態、科学、生息環境、ビデオ映像等
入館料  無料
休館日  通常は月曜が休館日
月曜が祝祭日の場合は開館し、その翌日が休館日となります。

※注意事項 館内での飲食・喫煙・ペットなどの持ち込みはできません。

tsushima-map

それ以外にも多くの民間団体等が保護活動に取り組まれています。
”対馬ヤマネコの保護活動”で検索した結果をリンクしておきます。

対馬の位置と対馬までの交通機関

対馬は、長崎県に所属しています。
厳原町・美津島町・豊玉町・峰町・上県町・上対馬町に分かれていましたが、2004年(平成16年)に全ての町が合併して対馬市になっています。
島のある場所は、下の図で判る通り、福岡県と韓国の間に位置しています。

対馬地図②
<Wikipediaより入手した図を改変>

対馬から韓国・釜山まで49.5km、福岡までが145kmと3倍程度の距離差があります。空気の乾燥した冬場に韓国展望台から釜山を見た夜景は、大変素晴らしく、一度はご覧になると良いと思います。
また、上対馬町鰐浦のヒトツバタゴの風景では、昭和天皇が、
”我が庭の ひとつばたごを 見つつ思う 海の彼方の 対馬の春を”   
と詠まれています。

韓国展望台         展望台から見た上対馬町鰐浦
韓国展望台②鰐浦

対馬の韓国展望台から見た海上自衛隊海栗島基地と釜山の夜景
釜山と海栗島③
<対馬市古里在住 宮原勝彦さん撮影>

対馬の周りは、対馬海流(暖流)が流れていて、海水温は15℃前後(海藻が生育するのに最適な温度域)に保たれています。対馬周辺の海底地形は、水深500m以内で、日本海側の中では、浅い水深になっています。氷河期の時代に、対馬海峡が大陸と陸続きであった事がしのばれる海底地形です。
そんな地形の中でも、対馬と韓国の間の対馬北西海域は、少し深くえぐられています。南西海域と比較しても深いようで、このような地形の違いが出現した原因として、氷河期が終わる頃に、海面上昇があり、太平洋側から日本海側に大量の海水が流れ込み、それと併せて、伝説の大津波(推計された研究では、50m~80mの高さ)が、今ある世界中の海峡で発生したのではないかという研究があり、それを示す傍証の一つとして示されています。

参考URL
資料と検証 古代の海面
気象庁 海洋の健康診断:対馬暖流および日本海固有水
Takaのブログ

◎対馬への交通機関
対馬へ来る方法としては、飛行機、高速艇、フェリーがあります。
飛行機は、福岡空港と長崎空港から、毎日4便程度出ていて、離陸から着陸まで30分程度で、スポーツ新聞を読み終わる前に到着します。
また、ソウル釜山からも週に4~5便就航しています。
福岡空港⇒対馬空港   対馬空港⇒福岡空港
長崎空港⇒対馬空港   対馬空港⇒長崎空港
対馬空港①対馬空港③

対馬空港④対馬空港②

高速艇(ビーナス)・フェリーは、福岡港から出ています。
厳原までが、
高速艇(ビーナス)で2時間、2便/1日。
フェリー(ちくし・きずな)で4時間30分 3便/1日
フェリー(つばさ)で5時間 1便/1日
比田勝までが、
フェリー(げんかい・あずさ)で6時間 1便/日
また高速艇(ビートル)が釜山から、
比田勝港まで1時間程度
厳原港まで2時間程度
で、ほぼ毎日就航しています。

厳原港を出るビーナス        厳原港に入港したビートル
厳原港③厳原港②

厳原港               入国審査所へ向かう韓国人観光客
厳原港①厳原港④

比田勝港に入港したビートル    比田勝港に入港したフェリー”げんかい”
比田勝港①比田勝港⑥

比田勝港に到着した韓国人観光客  観光客を迎えに来た観光送迎バス
比田勝港②比田勝港③